Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

教育ローン 比較

今回は、教育ローンの比較の方法についてお話していきます。
教育ローンには たくさんの種類がありますから
いろいろな機関の教育ローンを比較して、じっくり検討したいものですね。
その中から、自分にあう一番いいものを利用してください。

教育ローンとは、ちがうとおもわれがちですが
奨学金もその1種です。

とすると、
教育ローンには、奨学金、そして国の教育ローン、そしてJAバンクが扱う教育ローン、銀行が扱っている教育ローン等々・・・・。探せばもっとあるでしょう。
教育ローンを利用するに当たって、どのように比較していったほうがいいのか、解説してみたいと思います。

教育ローンを検討するときには、比較することなく、まずは奨学金や国の教育ローンをお勧めします。
ただ、審査があるために融資の条件を満たしていなかったり、例え融資を受けることが出来ても、それでは足りないと言うこともありえるわけです。
そういった場合には、他の民間の教育ローンを比較して選ぶことになります。民間の教育ローンには、銀行が扱う教育ローン、信用金庫やJAが扱う教育ローンなどがあります。
それから、会社で労働組合に加入している場合には、労働金庫(ろうきん)の教育ローンが利用できます。

これらの教育ローンを比較・検討するときに、一番気になるのは金利ではないでしょうか。返済するときに、返済額が1円でも安い方がいいのですから、様々な条件も考えながら比較した方がいいですね。
教育ローンを利用するときに、固定型金利を選ぶか、変動型金利を選ぶかで返済額がかなり変わってきます。
変動型金利は、世の中の情勢で金利が大きく変わってしまうことがあるので、返済額が高くなってしまうことも大いに考えられます。
ですから固定型金利を選んでおいた方が安心だと言えるでしょう。
インターネット上には、教育ローンを比較出来るホームページがいくつか存在しています。一覧になっていて、比較しやすいサイトを利用してみて下さい。
詳しいことが知りたいと言うことであれば、資料を請求することも出来ます。ネット上で資料を請求できますので、それを手に取って教育ローンを比較してみて下さい。

教育ローンを考えるときには
まず 奨学金、国の教育ローン
次に 民間(銀行等)の教育ローン という具合に考えましょう

そしてなるべくなら固定金利のものを選ぶと安心できますね。
スポンサーサイト

教育ローンについて

今回からは 教育ローンについてお話していきたいと思います

教育ローンを子供の進学時に利用することが当たり前のような時代になりました。

教育ローンは、学生の進学に必要な、まとまったお金を準備するために利用します。

では、そもそも教育ローンとは何なのか?
ということについて少し調べてみました。

わが国における教育ローンとは、各種金融機関が個人を対象として行うローンのことで、その使途が教育関連の経費に限定しているものを、特に教育ローンと呼んでいます。
借り入れをするのは、学生の保護者で学生本人が借りれると言うことは、あまりありません。ちなみに、学生本人が融資を受けたい場合には、消費者金融が取り扱っている学生ローンと言う商品が有名です。
学生を持つ保護者が教育ローンを利用しようというのは、どういうときかといいますと、主に、私立の学校や、高校・大学といった義務教育ではない学校に入学する際に、多額の費用がかかることはご存知のとおりです。
最低でも数十万から、学部によっては数千万円が必要な場合があります。
このように、教育関連の経費として一時期にたくさんのお金が必要になるときに教育ローンは利用されています。
教育ローンで借り入れられたお金は、入学金や寄付金、年払の授業料の納付などに使われます。
遠隔地の私立大学に入学が決まったような場合には、アパートや下宿の敷金礼金、及び家賃などの費用も必要になってきますが、教育ローンの中には、そういったものに充当できるようなものもありますから、まずは教育ローンについて詳しく調べてみることをお勧めします。

教育ローンとは、教育関連に限定されてるローンということになりますね。
私立大学に入学するときには入学金から前期の授業料等々・・・・。
かなりの額のお金が必要になりますね。
そのような場合の手助けとして 教育ローンがあります。

アリコの子供保険


今回は、アリコの子供保険について見ていきましょう。
アリコの保険と言えば、60歳からでも入れます、というコマーシャルがよく流れていますので、 なんとなく、アリコと子供保険と言うと縁遠いような気がしますね。
実は、アリコにも子供保険があります。
名称は「アリコのこども保険」といいます。

アリコの子供保険は、学資を重視しているのか、子供の医療保障を重視しているかと言いますと、「アリコのこども保険」の場合は後者です。

子供の病気やケガに対する保証が充実した子供保険になっています。ですから、教育資金の確保のために子供保険を検討したならば、アリコジャパンの子供保険では、その目的にそぐわないかもしれません。ただ、教育費は別で積み立てて、医療保障をがっちりと備えたいと言うことであれば、アリコの子供保険は、十分に機能する保険でしょう。

さらに、アリコなら支払う保険料を子供の年齢だけで算出しますから、保険料が分かりやすく、契約者(=親)が、比較的ご年配の方には最適かと思われます。

また、保険期間満了時に、健康状態にかかわらず告知もすることなく他の医療保険に変更する事ができる、と言う点はアリコの子供保険に加入する場合に検討する材料になるでしょう。
もし、アリコの子供保険を検討したいということであれば、まずは資料を請求して、その内容をよく把握して下さい。
その上で、申し込む場合には郵便で簡単に申し込む事ができます。アリコの子供保険は、大人の保険同様、医師の診査も特に必要ありません。申込書と告知書の提出だけで加入することが出来ます

この保険ですが 手厚い医療ですので、元本割れをおこしますので、
上でも書きましたが 貯蓄向けの商品ではありません。

告知もなく、他の医療保険に入れる等のメリットを考えて加入するかどうか
考えましょうね

ソニー生命の学資保険

今回は、ソニー生命の子供保険について調べてみました。
どのような商品なのか 参考にしてみてください。
ソニー損保は自動車保険で知名度がありますね。ソニー生命も
同じグループですので安心できますね

ソニー生命の子供保険は、中学・高校・大学の進学時に必要な教育資金を、着実に計画的に準備したい、そんな方に向いていると子供保険だと思います。
ソニー生命の子供保険は、貯蓄性が非常に高い学資保険・子供保険と言うことが出来ます。
保障内容を必要最低限に絞っているから実現できる貯蓄性の高さだと言えるでしょう。とはいっても、ソニー生命の子供保険は生命保険という位置づけですので、例えば契約者が亡くなったり、高度の障害になった場合、あるいは事故で身体障害になった時などには、以後の保険料の払込が免除になります。
それでも学資金額は100%受け取れますので、確実に教育費を準備することが可能になります。

ソニー生命の子供保険の特徴は、基準学資金や払込方法が選べるなど、自分で設定できる点でしょう。そうすることで、それぞれの家庭に合ったプランを作成することが可能になってくるので、いわゆる契約者主体の子供保険であると言えるでしょう。
月々の払う保険料からと満期時に受け取る金額からプラン設計が出来ます
また、コンサルティングによるオーダーメイド保険もできますので じっくり相談しながら
保険の設定が出来ますね。

ソニー生命の子供保険は、Ⅰ型とⅡ型の2種類の保険種目に分かれていて、選ぶことが出来るようになっています。

①ソニー生命の子供保険Ⅰ型
子供の節目節目の時期になると進学学資金が受け取れることはもちろん、満期時に満期学資金を受け取れるものです。

②ソニー生命の子供保険Ⅱ型
満期時だけに満期学資金を受け取るというものです。満期を17歳満期・18歳満期に設定すると、満期だけに学資金を受け取ることになります。また、20歳満期・22歳満期に設定した場合には、満期時のほかに大学進学時である18歳のときに進学学資金を受け取ることが出来ます。

学資保険活用例 http://www.sonylife.co.jp/insurance/educational/example/index.html
にこんな一文がありました

志保ちゃんも16歳、そろそろ将来について考え始めます。大好きなテニスを控えめにし、学校が終わった後は、週3回学習塾で勉強しています。夢は大好きなパパを安心させるために自立した女性としてキャリアを積むこと。

「大学に行ってもっともっといろんなことを学びたい」

志保ちゃんはある日、パパに自分の将来について相談します。

パパはにっこりと笑って言います。

「自分の好きなことをやりなさい。パパは志保の将来のために、志保が産まれたときから準備してたんだよ。お金のことはパパとママに任せて、いまできることをしっかりやりなさい

自分の子供が大きくなったときに
こんな風にいえる親になりたいですね。

そのためには 学資保険等 子供の保険の検討もしていきましょう。

比較
アフラックのかわいい子供の保険はこちら

アフラック かわいいこどもの保険

今回は 具体的な子供保険の商品として アフラックさんの商品
かわいいこどもの保険をみていきましょう

アフラックといえば・・・。
「あひるんるん あひるんるん ぼくた~ち~は~~♪」で始まるアヒルのワルツが流れるコマーシャル(笑) となってしましますね

アフラックの子供保険は「かわいいこどもの保険」という名称です。
この子供保険の特徴は、子供が生まれる140日前には加入できると言う点です。
保険に加入する際には、通常加入する人がその場にいなければなりませんが、アフラックの子供保険に関しては、お母さんのお腹の中にいることが確認できれば加入が認められます。
また、この子供保険の満期は高校進学時の15歳と大学進学時の18歳に設定されています。それから、18歳で給付される学資金(払戻金)を、100万円から800万円までの間で10万円単位で設定することが出来ます。
進学するときに必要なお金として一般的に言われているのは、200万円から500万円なのだそうです。
だからといって、満期に戻ってくる金額を多く設定すると、保険料が高くなってしまいますから、しっかり考えて家計に合ったプランを選んだほうが良いでしょう
この場合、15歳の時に給付される学資給付金は、基準祝金額の30%となっています。
アフラックの子供保険には、保険料払込免除特約というものがあります。オプションとしてこの特約をつけておくと、契約者(=親)に万が一の事があった場合に、以後の子供保険の保険料の払込みが免除される、というものです。

アフラックのかわいいこども保険のHP

給付金を指定できるのと、特約をつけると万が一のときに安全ですね

私(今年33歳 娘今年2歳)で 18歳時に 300万円 15歳時に 90万円 受け取る場合の
シュミレーションを上記HP上からしました

すると 毎月 18,600円の払込です

18歳ですので 16年 毎月 払い込むとして
18,600x12x16=約360万円 受け取りが合計 390万円 となります

半年払いや年払を使うと払う額が減りますので 利回りはもう少し改善します

いろいろとシュミレーションしてみるもの 面白いですね。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。